1歳の頃の赤ちゃんの夜泣きについて

赤ちゃんの夜泣き

初めて1歳の赤ちゃんを育てるということは、親も一緒に成長するということでもありますから毎日が発見と勉強の連続でもありますよね。

 

そんな育児の中で悩まされることが多いのが夜泣きです。

 

1歳の赤ちゃんは言葉がまだしゃべれませんから、泣くことでサインを伝えてくれています。でも深夜に突然起こされてしまったら、十分な睡眠をとることができないので疲れが取れませんしストレスが溜まってイライラしてしまいますよね。

 

夜泣きの原因は赤ちゃんの成長によって異なります。

 

1歳前後の場合は夢を見たことで不安になってしまうということが原因です。1歳から2歳の間に起こる夜泣きの原因は赤ちゃんにとって卒乳などの環境の大きな変化が起こるからです。

 

大人でも急激な環境の変化は不安になりますが、赤ちゃんにとっても同じなんですよね。

 

そして、もう一つの夜泣きの大きな要因が、お母さんの表情なんです。お母さんが不安だったりイライラした顔で赤ちゃんに接していると、それに敏感に反応してしまい夜泣きに繋がってしまうのです。

 

だから自分がリラックスすることで夜泣きが減ることもありますよ。

 

赤ちゃんの夜泣きがなくなるという効果が出ているカモミールティーをご存知ですか。

すやねむカモミールは「ジャーマンカモミール」「ハニーブッシュ」「ルイボス」の3つオリジナルハーブを配合しています。

 

  • ジャーマンカモミール・・・気持ちを鎮めて安らぎを与える。
  • ハニーブッシュ・・・休息の質を高める
  • ルイボス・・・イライラに働きかけてリラックス

 

赤ちゃんの夜泣きに困っているママに人気がある「すやねむカモミール」を一度試してみてはいかがでしょうか。

 

今まで悩んでいた赤ちゃんの夜泣きが嘘のようになくなると評判です。

1歳の夜泣きの原因は色々あります。

一口に「夜泣き」といってもその原因は様々です。
元々、脳の発達が未熟な赤ちゃんは眠りが浅いものですが、1歳ごろになると日中の活動範囲が広がってその分刺激も多くなります。

 

その日中に浴びた色々な情報を整理するのが睡眠中なのですが、情報量が多すぎると整理しきれずに赤ちゃんの脳は興奮したままになってしまいます。
そしてそれが夜泣きの原因になることがあります。また、そのころには夢を見るようにもなるのでそのせいで不安になって夜泣きすることもあります。

 

それから、1歳を過ぎるとちょうど断乳や卒乳の時期と重なってしまうなど環境の変化も多くなります。

 

今までママのおっぱいで安心して眠れていたという赤ちゃんも多いのですが、断乳や卒乳はその赤ちゃんからおっぱいを取り上げてしまうことになります。
そう考えると、赤ちゃんが泣いてしまうのは当然といえるかもしれません。

 

 

夜泣きで心配なのがママのメンタルで、夜中に泣かれてしまうと何とか寝かせようと焦ってしまいます。

 

子供をあやしてみたりあの手この手で寝かしつけようとするものの、それでも寝てくれないと「どうして寝ないのよ」ってイライラもMaxになってしまいます。そうなると、ママのイライラが赤ちゃんにも伝わりますます激しくなりママはまたイライラと悪循環に陥ってしまいがちです。

 

「すやねむカモミール」はママのリラックスティーにもおすすめです。

 

哺乳瓶のすやねむカモミールハーブティーが冷めるまで待つ間ママはハーブティーを楽しむのもおすすめです。

 

 

今ならすやねむカモミールが通常3,980円のところ、初回特別価格980円です。
先着300名様限定なので試してみたい方は早めの申込みがお得です↓

子どもの夜泣きにハーブティー?すやねむカモミールとは

子供の夜泣きは、親にとって悩みの種です。
最近は、夜泣きを防ぐ、様々な商品がネットショップで売れています。
すやねむカモミールは、夜泣き対策をサポートするハーブティーのひとつです。
すやねむカモミールには、厳しくチェックされた優れたハーブが配合されています。

ジャーマンカモミールは、りんごのような香りが特長のカモミールで、ヨーロッパでは昔から民間療法に使われていたハーブです。
ジャーマンカモミールは、気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。

 

 

南アフリカの限られた地域だけに生育するハニーブッシュは、希少なハーブとして世界的に有名です。
すやねむカモミールに使われているハニーブッシュは、高級グレードのハーブなので味も優れています。

 

ルイボスは、日本でも人気があるハーブのひとつで、ミネラルが豊富です。
リラックス効果や美肌効果があり、子供から大人まで幅広い年齢層の人に利用されています。
ハーブティーは、ハーブにお湯を注げばすぐ作ることができ、とても便利です。

 

しかし、ハーブに農薬がういていると、お湯と一緒に溶けだしてしまうのです。
ですから、ハーブティーを選ぶ時は、合成化合物を一切使っていないハーブを選ぶことが大切です。
すやねむカモミールは、合成化合物が一切使われていません。
オーガニック認定を取得したハーブのみを使っているので、安心して飲むことができます。

 

 

今ならすやねむカモミールが通常3,980円のところ、初回特別価格980円です。
先着300名様限定なので試してみたい方は早めの申込みがお得です。

すやねむカモミールは1歳の娘の夜泣きに効果がありました。

すやねむカモミール

1歳の娘が夜泣きするようになりました。最初は怖い夢を見たせいだと思っていたのですが、夜泣きが続くようになり、心配になりました。日中は、普通に元気に過ごしています。

 

大きなストレスもなく過ごせていると思うのですが、夜に目が覚めてしまうので困っています。夜、ホットミルクを飲ませたり、あやしたりして、気持ちを落ち着かせてから眠れるよう工夫してみましたが、寝付きは良くなっても目が覚めてしまうことは相変わらずで、親子共々疲れきってしまいました。

 

そんな折、ママ友が、すやねむカモミールのことを教えてくれました。ママ友には、2歳の息子さんがいて、夜泣きに悩み、すやねむカモミールを飲ませるようになったのだそうです。うちの子は1歳なので、果たして効果があるのか疑問でしたが、試してみようと思い、注文することにしました。すやねむカモミールは、香りが良く、苦味が少ないので、子供にぴったりだと思います。

 

大人が飲んでもおいしく、親子で飲めるのが嬉しいです。毎日続けやすいですし、味に慣れるのも早かったです。今では、娘の眠りも深くなり、朝から元気に過ごせるようになりました。

 

 

1歳の夜泣きに困っても子供の成長の証として考えましょう。

深夜になると必ず始まる赤ちゃんの夜泣き。
ぐっすり寝てくれているので、今日こそはゆっくり寝られるとほっとしたのもつかの間、午前2時3時や明け方に「うわーん」と泣かれるうえにオムツを交換してきれいにしても、背中をトントン叩いてあやしても泣き止まないときは夜泣きに付き合うお母さんたちのほうが泣きたくなってしまいますよね。

 

夜泣きの起こるメカニズムは残念ながらまだはっきりとは解明されていません。
毎晩必ず泣く子もいれば、大きくなるまでほとんど泣かない子供もいます。

 

まだ1歳なのでうまく睡眠をとることができないのに、知能は発達してきているので昼間に経験した驚いたこと・怖かったことを思い出して夜泣きをしてしまうのではないかと考えられています。

 

昼間に刺激的な経験をさせないようにすれば夜泣きは減るかもしれませんが、静かな部屋でずっと育てていたのでは子供の発達にとって良い影響があるとは到底思えません。
いちいち起こされるお母さんにとってはたまったものではありませんが、夜泣きは子供の成長にとって無くてはならない発達の段階であり、一生夜泣きをするわけではないのでわが子が順調に成長している証として考えを変えましょう。

 

 

夜泣きに困っているママに知ってほしいすやねむカモミール

赤ちゃんが産まれると嬉しいことが多い反面、夜は夜泣きがひどくてなかなか休めないというママはたくさんいます。寝れないと疲れが溜まってしまい、赤ちゃんに対してもイライラしてしまうという悩みを抱えている方もいます。

 

そんな夜泣きに困っているママにおすすめなのが「すやねむカモミール」です。これはハーブティーなのですがノンカフェインで味も濃くないので赤ちゃんでも美味しくゴクゴク飲めます。そんな「すやねむカモミール」にはどのような効果があるのかというと、リラックス効果で赤ちゃんをぐっすり眠らせることができます。

 

このハーブティーにはリラックス効果があるカモミール、ハニーブッシュ、ルイボスが配合されています。そして赤ちゃんの夜泣きの原因は、昼夜のリズムが出来ていない、環境が変わって寝付けない、怖い夢を見たなど様々です。

 

そんな赤ちゃんをハーブの作用でリラックスさせ、興奮を静めることにより、ぐっすりと寝かせることができます。夜寝て、朝まで起きないというわけではありませんが、リラックス効果により夜に起きる回数を減少させることができます。また、ママが飲んでもリラックス効果を得ることができます。
育児を頑張る方におすすめのハーブティーです。

 

 

今ならすやねむカモミールが通常3,980円のところ、初回特別価格980円です。
先着300名様限定なので試してみたい方は早めの申込みがお得です↓

 

 

赤ちゃん泣く対策