赤ちゃんの夜泣き対処法とは

赤ちゃんの頃は朝晩の区別がつかずにずっと泣いている状態ですが、1歳頃になると朝晩の区別がつくようになってきます。

 

赤ちゃんは夜中にいきなり何もないのに何かを思い出したかのように泣き出します。

 

原因は、昼の間遊びで興奮がさめていないことや、ふと起きてママがいないことへの不安などがあります。

 

いきなり泣くとビックリしますが焦らず話を聞いてあげたり抱っこをしてなだめます。たいがいこれで落ち着いてきてまた眠りに入ります。夜泣きは少なからず出てくるので、自分の子供だけ夜中に泣きはじめると悩まないで、対処法を考えることが大切です。

 

あまりにも泣き止まない時は子供の好きなことをさせてあげます。

 

おもちゃで遊んだりテレビを少し見るだけでも落ち着いてきてだんだん眠くなってきてまた寝てくれます。

 

眠りが浅いとまた起きる心配があるので、深い眠りにさせてあげることが大切です。

 

夜泣きはずっと続くものではなく、平均0歳から2歳前後くらいまでなので悩まずに子供の気持ちになることが大切です。

 

怒ったりイライラすると子供は分かるので、余計泣いたり泣き止まなかったりします。いつかは終わるものなので焦らず対処していきましょう。

 

 

赤ちゃんの夜泣きに大人気のすやねむカモミールが通常3,980円のところ、初回特別価格980円です。
先着300名様限定なので試してみたい方は早めの申込みがお得です。